コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーハーン Māhān

デジタル大辞泉の解説

マーハーン(Māhān)

イラン南東部、ケルマーン州の町。州都ケルマーンの南東約35キロメートルに位置する。14世紀から15世紀にかけて活躍したイスラム神秘主義の思想家・詩人シャー=ネエマトッラー=バリーの霊廟(れいびょう)があることで知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マーハーンの関連キーワードニマットラー・ワリー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android