コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハスの闘牛場 ミハスのとうぎゅうじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミハスのとうぎゅうじょう【ミハスの闘牛場】

スペイン南部のアンダルシア州マラガ県のコスタデルソル(Costa del Sol、太陽の海岸)にある、白い家並みと高級別荘地として有名なリゾート、ミハス(Mijas)にある闘牛場。マラガ(Málaga)からは約30km、フリヒリアナ(Frigiliana)からは80kmの距離にある。スペインには500を超える常設闘牛場があるが、その中でも、たいへん珍しい四角い形をした、世界一小さいといわれる闘牛場として知られている。ビルヘンデラペーニャ広場から坂道を上ったところにある。角つきの牛の飾りがある「Plaza de Toros(闘牛場)」と書かれた看板がある。毎週日曜日が闘牛の開催日となっている。敷地内には闘牛博物館がある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報