コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミラージュ2000 ミラージュにせんMirage 2000

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミラージュ2000
ミラージュにせん
Mirage 2000

フランス空軍の多目的戦術戦闘機。ダッソーの開発により 1978年3月に初飛行,1982年に配備開始。 1983年には核攻撃も可能な複座の 2000Nが初飛行した。伝統的な三角翼はミラージュ IIIと似ているが,フライ・バイ・ワイヤ,ブレンデッド・ウイングボディなどの新技術を取り入れ,電子機器も近代化をはかっている。カタール,インド,台湾などへ輸出された。 2000-5MkIIは,エンジンが SNECMA M53-P2 (推力 9700kg) 1,乗員1,全長 14.34m,全幅 9.13m,総重量 17.5t,最大速度マッハ 2.2,航続距離 1850km。武装は 30mm機関砲2,ミサイル,爆弾など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミラージュ2000の関連キーワードミラージュ戦闘機

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android