推力(読み)すいりょく

百科事典マイペディア「推力」の解説

推力【すいりょく】

スラストとも。燃焼ガスの噴出(ロケットジェットエンジン)や,流体後方へ押しのける(プロペラ,スクリュー)反動で,物体を進行方向に推し進める力。重量キログラム(kgf)で表す。プロペラなどの回転による推力は馬力kWで表し,T=75ηp/V(/p)で推力に換算される。ただしTは推力kgf,ηはプロペラ効率,pは馬力,V(/p)は速度m/s。
→関連項目逆推力装置ターボジェットエンジンターボファンエンジン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「推力」の解説

推力
すいりょく
thrust

プロペラなどの推進器によってうしろ向きに加速された流体 (空気または水) によって生じる力,あるいはロケットエンジンなどで噴流の反作用として生じる力。噴流としては通常の推進剤の燃焼ガスのほかにイオンプラズマなども用いられる。推力は加速された流体の量 (ロケットエンジンでは推進剤の流量) と加速度 (噴出速度) のに等しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「推力」の解説

すい‐りょく【推力】

物体を運動方向におしすすめる力。航空機では、プロペラやジェットエンジンによって気体に運動量を与え、その反動力を利用する。推進力。スラスト。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「推力」の解説

すい‐りょく【推力】

〘名〙 物体をその運動方向へおしやる力。推進力。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「推力」の解説

すいりょく【推力 thrust】

スラストともいう。走行物体や飛翔(ひしよう)物体を進行方向に推し進める力。抗力と加速による慣性力との和に相当する。車輪と固体表面などとの間の摩擦力を利用できる道路や軌道走行車両以外の船,航空機,宇宙船などでは,推進装置により流体を後方へ前進速度以上に加速し,その反動力を利用し推力を発生する。推進原動機の発生する軸動力を用いプロペラなどを回し推力を発生するものと,ジェットエンジン,ロケットなどのように流体の運動エネルギー増加として直接推力を発生するものとがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android