コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

推力 すいりょく thrust

翻訳|thrust

5件 の用語解説(推力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

推力
すいりょく
thrust

プロペラなどの推進器によってうしろ向きに加速された流体 (空気または水) によって生じる力,あるいはロケットエンジンなどで噴流の反作用として生じる力。噴流としては通常の推進剤の燃焼ガスのほかにイオンプラズマなども用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すい‐りょく【推力】

物体を運動方向におしすすめる力。航空機では、プロペラやジェットエンジンによって気体に運動量を与え、その反動力を利用する。推進力。スラスト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

推力【すいりょく】

スラストとも。燃焼ガスの噴出(ロケット,ジェットエンジン)や,流体を後方へ押しのける(プロペラ,スクリュー)反動で,物体を進行方向に推し進める力。重量キログラム(kgf)で表す。
→関連項目逆推力装置ターボジェットエンジンターボファンエンジン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいりょく【推力 thrust】

スラストともいう。走行物体や飛翔(ひしよう)物体を進行方向に推し進める力。抗力と加速による慣性力との和に相当する。車輪と固体表面などとの間の摩擦力を利用できる道路や軌道走行車両以外の船,航空機,宇宙船などでは,推進装置により流体を後方へ前進速度以上に加速し,その反動力を利用し推力を発生する。推進原動機の発生する軸動力を用いプロペラなどを回し推力を発生するものと,ジェットエンジン,ロケットなどのように流体の運動エネルギー増加として直接推力を発生するものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すいりょく【推力】

物体をその運動方向へ押しやる力。前方から取り入れた水・空気・ガスなどを、プロペラやエンジンで加速して後方に押し出すことにより得られる推進力など。推進力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

推力の関連キーワード飛翔未確認飛行物体UFOすらすらUSO停空飛翔栄光への飛翔ホーネット、飛翔せよスライド・キャスト羽∥羽根

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

推力の関連情報