ミルス‐ニクソン効果(英語表記)Mills-Nixon effect

法則の辞典の解説

ミルス‐ニクソン効果【Mills-Nixon effect】

芳香族環と脂環の縮合した多環化合物の場合,単結合が共有されている構造のほうが安定であるということ.最初ヒドロインデンについて予測され,双極子モーメントの測定そのほかで実証された.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android