安定(読み)あんてい

精選版 日本国語大辞典「安定」の解説

あん‐てい【安定】

〘名〙
① (━する) 物事が、落ち着いていて、激しい動揺や変化のない状態にあること。また、そのような状態にすること。〔広益熟字典(1874)〕
※二老人(1908)〈国木田独歩〉下「そして遂に不遇で何時もまごまごして安定(アンテイ)の所を得ず」 〔書経‐盤庚中〕
② 物理学で、平衡状態に微少な変化を与えた時に、もとの状態からのずれの小さいことをいう。〔工学字彙(1886)〕
③ 化学で、化合物の化学変化が容易でないことにいう。元素の化合力が強く、容易に分解しないこと。不活性。〔稿本化学語彙(1900)〕
④ (━する) 西洋画の描法で、描かれた個々の題材に落ち着きがあり、線、面、角度、色彩、筆触、明暗、余白等がよく対照、配置されていること。
※美術真説(1882)〈フェノロサ〉「前項に於て論述するが如く、必ず一時一斉に之(これ)を按定せんことを要す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「安定」の解説

あん‐てい【安定】

[名](スル)
物事が落ち着いていて、激しい変動のないこと。「心の安定を保つ」「物価が安定する」
平衡状態に微小な変化を与えても、もとの状態とのずれがわずかの範囲にとどまること。「安定のいい花瓶」
[形動]物理学・化学で、物質が容易に分解・反応・崩壊しないさま。「フロンガスは化学的に安定な物質だ」
[補説]近年、俗に「安定の」の形で、定番の、無難な、などの意味で用いられることもある。「安定のメニュー」「安定の着回し服」
[類語]座り不動落ち着く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「安定」の解説

【安定】あんてい

無事におちつける。〔書、盤庚中〕今(われ)將(まさ)に試みにと以(とも)に(うつ)り、厥(そ)のを安定せんとす。

字通「安」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android