コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカデノリ(百足海苔) ムカデノリGrateloupia filicina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムカデノリ(百足海苔)
ムカデノリ
Grateloupia filicina

紅藻類カクレイト目ムカデノリ科の海藻潮間帯の波の静かなところにみられる汎世界種。藻体は幅2~3mmの分岐した枝が主軸の左右に羽状に並んでムカデを想起させる。叢生し,高さ 20~30cmとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムカデノリ【ムカデノリ(百足海苔) Grateloupia filicina (Wulfen) J.Ag.】

両縁から多数の小枝を羽状に出してムカデの体を思わせる形状を呈する長さ20~30cm,幅2~3mmの帯状の紅藻(イラスト)。体の質は柔らかく,粘着性があり,分布は日本各地に及び,おもに潮間帯の岩上に生育するが,分布する地域や生育する場所により体形の変化がはなはだしく,別種とまちがえられることがある。世界各地に分布する。近縁の種類にヒラムカデG.livida (Harvey) Yamada,キョウノヒモG.okamurai Yamada,カタノリG.divaricata Okamuraなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android