コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メケルバーナー Meker burner

1件 の用語解説(メケルバーナーの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

メケルバーナー【Meker burner】

ドイツ人メケルが発明したガス-バーナー。大きく開いた火口に格子の金網をかけ、高温の炎を一様に得る。化学実験に用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のメケルバーナーの言及

【ガスバーナー】より

…ブンゼンバーナーの原理は,家庭用のガスこんろや瞬間湯沸器のバーナーなどに広く応用されている。ブンゼンバーナーを改良したものとして,メケルバーナーMéker burnerがある。1905年ドイツのG.メケルが考案したもので,ブンゼンバーナーに比べて,空気吸引量が大きく取れ,また逆火を防ぐためにバーナー先端に格子が組み込まれている。…

※「メケルバーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone