コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルコバラミン

栄養・生化学辞典の解説

メチルコバラミン

 ビタミンB12の活性をもつ化合物の一つ.ヒト血中のコバラミン活性をもつ化合物のうち,もっとも多いもの.メチル基の運搬体としてメタン生成,メチオニン合成などで働くビタミンB12補酵素型の一つ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

メチルコバラミンの関連キーワードビタミンB12補酵素ビタミンB12発酵シアノコバラミン有機水銀化合物コバルト補酵素コバラミン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android