メチルコバラミン

栄養・生化学辞典の解説

メチルコバラミン

 ビタミンB12の活性をもつ化合物の一つ.ヒト血中のコバラミン活性をもつ化合物のうち,もっとも多いもの.メチル基の運搬体としてメタン生成,メチオニン合成などで働くビタミンB12補酵素型の一つ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android