メッタ ワールドピース(英語表記)Metta Worldpeace

最新 世界スポーツ人名事典「メッタ ワールドピース」の解説

メッタ ワールドピース
Metta Worldpeace
バスケットボール

バスケットボール選手(ニックス)
生年月日:1979年11月13日
国籍:米国
出身地:ニューヨーク州クイーンズブリッジ
学歴:セントジョンズ大学
経歴:1999年ドラフト1巡目全体16位で指名されブルズ入団。2002年ペイサーズ、2006年キングス、2008年ロケッツ、2009年レイカーズを経て、2013年ニックスへ在籍。NBAでも指折りのディフェンダーで、2003〜2004年シーズンに最優秀守備選手賞を受賞。2009〜2010年シーズン、NBAファイナル第7戦では20得点5リバウンドを挙げる活躍をみせ、ファイナル制覇に貢献。2004年対ピストンズ戦で観客席に飛び込んで観客と乱闘騒ぎを起こし、NBA史上でも有数の長さの出場停止処分を受けるなど、コートの内外でトラブルが絶えないトラブルメーカーとして有名。2011年本名をロナルド・ウィリアム・アーテスト(通称ロン・アーテスト)からメッタ・ワールドピースに改名、“ワールドピース”は世界平和、“メッタ”は仏教用語で“全てに向けられた慈愛”の意。201センチ、118キロ。SF。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android