改名(読み)カイメイ

  • かいみょう
  • かいみょう ‥ミャウ
  • かいみょう〔ミヤウ〕

大辞林 第三版の解説

名をあらためること。かいめい。
スル
名を変更すること、また変更した名。戸籍上の名を変更しようとするときには家庭裁判所の許可を要する。 → 改氏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「がいみょう」とも) =かいめい(改名)
※高野本平家(13C前)四「行家と改名(カイミャウ)して、令旨の御使に東国へぞ下りける」
〘名〙
① 名を改めること。改めて名をつけること。現在は、家庭裁判所の許可を得て認められる。かいみょう。〔家伝(760頃)〕
※保元(1220頃か)中「平馬助をば、の時の別当花山院中納言忠雅と、同名あしかりなんとて、忠員と改名せられてけり」 〔白居易‐江州赴忠州至江陵以来舟中示舎弟詩〕
② 禅宗で、法名を改めること。門派ごとの系字が定まっている時代には転派することを意味する場合もある。
※空華日用工夫略集‐応安三年(1370)六月一日「慶一僧来〈略〉求改名。余不肯、対其人云、凡今時改名、多為名利仏法衰微」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の改名の言及

【氏名】より

…14日以内に命名できないときは,〈名未定〉で出生届を出し,後に追完届を行う。 戸籍に記載されている〈名の変更〉(いわゆる改名)は,家庭裁判所に審判を申し立て〈正当な事由〉があると判断されれば許可される(戸籍法107条の2)。 次に〈氏〉について述べよう。…

【襲名】より

…襲名はかつて農家や商家ならびに武家や家元でかなり広く行われてきた祖名継承法であり,とくに農家や商家にあっては襲名が家族の重要なシンボルの一つであってこれが苗字をもたない場合でも,家族の類別の機能を果たしていた。襲名を名のるのは家族その他の代表者(家族の場合には家長)の地位についたときであって,それ以前の名を捨てて襲名へと改名が行われた。場合によっては家長についた者が,童名,成人名,襲名,隠居名と一生のうちに地位の変化に応じてたびたび改名することもあった。…

※「改名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改名の関連情報