有数(読み)ゆうすう

精選版 日本国語大辞典「有数」の解説

ゆう‐すう イウ‥【有数】

〘名〙 (形動) とりたてて数えあげるほど、おもだっていること。指を折って数えられるほど少数ですぐれていること。また、そのさま。屈指(くっし)
※仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉一「大きな盛んな句のやうに思ふたので今日迄古今有数の句とばかり信じて居た」 〔漢学師承記‐汪中〕

あり‐かず【有数】

〘名〙 人や物事の存在する数。また、生きる年数。
※古今(905‐914)賀・三四四「わたつうみのはまのまさごをかぞへつつ君がちとせのありかずにせん〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「有数」の解説

ゆう‐すう〔イウ‐〕【有数】

[名・形動]取り上げて数えるほどにおもだって有名であること。また、そのさま。屈指。「日本で有数な(の)植物園」「世界有数画家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android