コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メフレビー教団 メフレビーきょうだんMevleviye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メフレビー教団
メフレビーきょうだん
Mevleviye

イスラムのデルビーシュ (托鉢僧) 教団。この名は創始者ルーミーに与えられた称号マウラーナー Mawlānā (われらが師) に由来する。 15世紀頃から小アジアのコニヤを中心に発展し,歴代スルタンの支持もあって,17~18世紀にはオスマン帝国領内の各地に修道院 (テッケ ) を有した。この教団は,音楽に合せて右足を軸に回転する独特の儀式ズィクル dhikrをもって,「踊るデルビーシュ」として知られた。 1925年9月4日トルコ共和国の法令によってすべてのテッケが閉鎖され,その宗教的活動は禁止されたが,民族芸術としては続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メフレビー教団の関連キーワードスルタン・ワラドガーリプ・デデ西アジア音楽トルコ音楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android