法令(読み)ホウレイ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうれい【法令】

法律および命令を合わせた用語である。法律は議会の定める法的規律であり,その効力は憲法に次ぐ。命令は,通常,行政機関の定める行政立法をいい,効力は法律に劣る。裁判所規則地方公共団体条例・規則を含む法律以外の国法形式をさすこともある。【中西 又三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうれい【法令】

おきて。のり。
法律と命令。地方公共団体の条例・規則や裁判所の規則などを含めていうこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法令
ほうれい

法律(国会の決議を経て制定される法規範)と命令(国会の決議を経ないで、行政官庁が制定する法規範)とをあわせてよぶ観念であり、場合によっては、地方公共団体の条例・規則あるいは最高裁判所規則なども含むものと解される。[竹内俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法令の関連情報