法令(読み)ほうれい

精選版 日本国語大辞典「法令」の解説

ほう‐れい ハフ‥【法令】

〘名〙
① おきて。のり。きまり。定め。法度。
※続日本紀‐和銅二年(709)一〇月丙申「非独百姓違慢法令
※太平記(14C後)二「再犯赦さざるは法令の定る所なれば」 〔戦国策‐秦策・一〕
② 特に、公家の法。朝廷の法。武家の法である式目、置目、条々などに対する語。
※中右記‐承徳元年(1097)正月二七日「兼倭漢之学、〈略〉法令之事、能極源底、誠是朝家之重臣也」
③ 法律と命令。このほか条例、規則その他各種の法形式を含めていう場合もある。
※民法(明治二九年)(1896)二条「外国人は法令又は条約に禁止ある場合を除く外私権を享有す」
④ 成文法のこと。不文法などに対する語。
※三代格‐一・弘仁格式序(820)「古者世質時素、法令未彰、無為而治」
※刑法(明治四〇年)(1907)八条「本法の総則は他の法令に於て刑を定めたるものに」
⑤ 相術家の用語で、小鼻の両脇から下の方に向かって出る筋をいう。
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉六「せ皺びたる顔に深く長く痕いたる法令(ハフレイ)の皺溝を」 〔神相全篇‐巻一・流年運気部位歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「法令」の解説

法令
ほうれい

法律(国会の決議を経て制定される法規範)と命令(国会の決議を経ないで、行政官庁が制定する法規範)とをあわせてよぶ観念であり、場合によっては、地方公共団体の条例・規則あるいは最高裁判所規則なども含むものと解される。

[竹内俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「法令」の解説

ほうれい【法令】

法律および命令を合わせた用語である。法律は議会の定める法的規律であり,その効力は憲法に次ぐ。命令は,通常,行政機関の定める行政立法をいい,効力は法律に劣る。裁判所の規則,地方公共団体の条例・規則を含む法律以外の国法形式をさすこともある。【中西 又三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android