メリー・ウィドウ

デジタル大辞泉プラスの解説

メリー・ウィドウ

オーストリアの作曲家フランツ・レハールドイツ語による全3幕のオペレッタ(1905)。原題《Die lustige Witwe》。題名はドイツ語で「陽気な未亡人」を意味する。裕福な未亡人ハンナをめぐる喜劇。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メリー・ウィドウの関連情報