コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリー・ウィドウ

デジタル大辞泉プラスの解説

メリー・ウィドウ

オーストリアの作曲家フランツ・レハールドイツ語による全3幕のオペレッタ(1905)。原題《Die lustige Witwe》。題名はドイツ語で「陽気な未亡人」を意味する。裕福な未亡人ハンナをめぐる喜劇。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

メリー・ウィドウの関連キーワードホセ・マニュエル カレーニョイリーナ ドヴォロヴェンコメラニー ホリデイジュン メルクル八木柊一郎コマールノカンカン安部誠司

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メリー・ウィドウの関連情報