メリー・ウィドウ

デジタル大辞泉プラスの解説

メリー・ウィドウ

オーストリアの作曲家フランツ・レハールドイツ語による全3幕のオペレッタ(1905)。原題《Die lustige Witwe》。題名はドイツ語で「陽気な未亡人」を意味する。裕福な未亡人ハンナをめぐる喜劇。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メリー・ウィドウの関連情報