コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モグリガ(潜蛾) モグリガ

1件 の用語解説(モグリガ(潜蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モグリガ【モグリガ(潜蛾)】

ガの幼虫のなかには,植物の葉,果実,茎,枝,幹あるいは根に潜るものがあって,これらを総称してモグリガと呼ぶ。 潜葉性のガ(英名leaf mining moth)はすべて微小な種類で,幼虫は1枚の葉の内部にすんでその組織の一部を食べてさなぎにまで成長する。種ごとに食痕は異なり,蛇行状,コイル状あるいは斑状となる。モグリチビガ科Nepticulidae,ツヤコガ科Heliozelidae,ムモンハモグリガ科Tischeriidae,チビガ科Bucculatrigidae,ハモグリガ科Lyonetiidae,ホソガ科Gracillariidae,コハモグリガ科Phyllocnistidaeの諸科に属する大部分の種が潜葉性である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モグリガ(潜蛾)の関連キーワード地虫刺毛青虫芋虫青蜂夜盗虫心喰い虫髄虫葉巻虫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone