コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モッサ mosser

デジタル大辞泉の解説

モッサ(mosser)

紡毛織物を縮絨(しゅくじゅう)して起毛したのち、毛羽を少し長めに刈り、ふっくらと毛を立てるように仕上げたもの。保温効果が高いため冬物重衣料によく使われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

モッサ【mossa】

毛足の短く密な紡毛織物。主にコート地とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のモッサの言及

【ブロード・クロス】より

…仕上げの際,相当収縮させるため織上げ幅を広くするのでこの名がある。したがって現在では,縮絨起毛を施すタイプの毛織物,メルトン,ベロア,ビーバー,モッサなどの名称で知られる種類の織物はすべてブロード・クロスと呼ばれている。 ブロード・クロスはまた,ポプリンに似た綿織物をいう。…

※「モッサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モッサの関連キーワードカルトゥシャ修道院ブロード・クロスオーバーコート新宮志歩ラベンタ紡毛織物毛足

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android