コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モネンバシア Monemvasia/Μονεμβασία

デジタル大辞泉の解説

モネンバシア(Monemvasia/Μονεμβασία)

ギリシャ、ペロポネソス半島南東端にある町。旧市街は断崖に囲まれた小島に築かれ、新市街がある本土と1本の橋で結ばれる。6世紀に東ローマ帝国により要塞化され、海上交易の中継地として発展した。ベネチア共和国時代はマルバシアと呼ばれ、クリストエルコメノス教会、クリサフィティッサ教会などイタロ(イタリア風)ビザンチン様式の建物が残っている。現代ギリシャを代表する詩人ヤニス=リッツォスの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

モネンバシアの関連キーワードクリストスエルコメノス教会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android