コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生地 いくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生地
いくじ

富山県北東部,黒部市北西端の旧町域。富山湾に臨む。 1889年町制施行。 1954年桜井町と合体して黒部市となった。黒部川により形成された扇状地の扇端部にある漁港を中心に海岸に沿って発達。北洋への出漁者が多い。背後は低湿な水田地帯となっており,JR北陸本線生地駅に隣接してファスナー,アルミニウム建材の大工場が立地している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐じ〔‐ヂ〕【生地/素地】

手を加えていない、もともとの性質。「―が出る」
化粧しないままの素肌。素顔。「―のままできれいな人」
布・織物などの地質。また、染色や仕立てなどの加工をするための布・織物。「―のいい背広」
陶磁器の、まだ釉(うわぐすり)を塗っていないもの。
パン・麺(めん)やパイ皮にするために、粉をこねあげたもの。

しょう‐ち〔シヤウ‐〕【生地】

生まれた土地。せいち。

せい‐ち【生地】

その人が生まれた土地。出生地。「母の生地を訪ねる」
知らない土地。
生きて帰ることのできる土地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

生地

 →ドウ

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうち【生地】

生まれた土地。せいち。

せいち【生地】

その人の生まれた土地。出生しゆつしよう地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生地
いくじ

富山県黒部(くろべ)市の一地区。市の北西部にあり、漁業を中心に発達した。旧生地町。あいの風とやま鉄道(旧JR北陸本線)生地駅に接してYKKの広大な黒部工場があり、アルミサッシ、ファスナーを生産。広かった近くの越湖(えっこ)砂丘は海岸侵食で縮小し、砂丘上にYKKの越湖工場がある。また生地鼻は幕末、海防上の台場跡地。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

生地の関連キーワードビスキュイ・ア・ラ・キュイエールアメリカンソフトクッキーファンシーチョコレートサーフェスインタレスト富山県黒部市生地中区デニッシュペストリーベークドチーズケーキベーキングパウダーウオッシュアウトドーナツスプーンドレープカーテンテーラードスーツ折り込みパイ生地広島風お好み焼き富山県黒部市生地練り込みパイ生地マーブルケーキイーストフードレーリュッケンバウムクーヘン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生地の関連情報