コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノヨードチロシン

栄養・生化学辞典の解説

モノヨードチロシン

 C9H10INO3 (mw307.09).

 甲状腺ホルモン合成の際に生成する代謝中間体で,ペプチド結合内のチロシンがヨウ素化されたもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

モノヨードチロシンの関連キーワードグルタチオンデオキシシチジル酸

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android