コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代謝中間体 たいしゃちゅうかんたいmetabolic intermediate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代謝中間体
たいしゃちゅうかんたい
metabolic intermediate

体内の代謝での物質変化は,多くの中間段階を経て行われるのが常であり,終産物に行きつく手前のこれらの中間段階の物質を代謝中間体という。たとえばクエン酸回路上のそれぞれの物質は,呼吸での代謝中間体といえる。代謝中間体は,それ自体として生体には利用されないが,代謝の調節においては有用なことが多い。すなわちある代謝中間体が蓄積すると,その代謝経路の入口にあるアロステリック酵素がこの中間体の結合によって,活性を抑制されるような例がしばしば認められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

代謝中間体の関連キーワード35プロスタグランジンエンドペルオキシドコプロポルフィリノーゲンオキシダーゼフルクトース1,6ヒドロキシメチルフルフラールグリセルアルデヒド3ジヒドロキシアセトンリン酸ホスホエノールピルビン酸脂肪酸ヒドロペルオキシドグルコノデルタラクトンヒドロキシキヌレニン尿フルクトース6アンドロスタンジオンジヒドロキシアセトン2ジアシルグリセロールコレステロール生合成ホスホパンテテイングリセルアルデヒド

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android