コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヒート もひーと mojito

2件 の用語解説(モヒートの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

モヒート

キューバ・ハバナ発祥の、ラムをベースとした冷たいカクテル。標準的な材料は、ラム・ライムミントの葉・砂糖・ソーダ水。作家・ヘミングウェイが愛飲したことでも知られる。2011年に映画「ラム・ダイアリー」(ブルースロビンソン監督、ジョニー・デップ主演)が公開され、映画とのタイアップキャンペーンの一環として、12年にバカルディ・ジャパン株式会社が缶入りの「バカルディ モヒート」を、翌年には「バカルディ モヒート ボトル」を発売。サッポロビール株式会社でも「バカルディ モヒート」を販売している。近年では、果汁を加えるなどバリエーションが豊富になっており、14年7月、東京ミッドタウンの夏イベントの屋外カフェ「BACARDI MIDPARK CAFE」で各種モヒートが提供され、モヒート専門店もできている。

(2014-7-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モヒート(〈スペイン〉mojito)

ミントの葉と砂糖をグラスに入れて押しつぶしラム酒・ライム果汁・炭酸水を注ぎ入れたカクテル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モヒートの関連キーワードキューバ史グランマハバナブスタマンテ・イ・シルベンロア・ガルシアアフロキューバン玖馬キューバリブレハバニーズウオークベースボール

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モヒートの関連情報