コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニオン・カーバイド[会社] Union Carbide Corp.

世界大百科事典 第2版の解説

ユニオン・カーバイド[会社]【Union Carbide Corp.】

アメリカの世界的な大手化学会社。本社コネティカット州ダンベリー。1917年ユニオンカーバイド社Union Carbide Co.(1898設立)と他3社が合併して,ユニオン・カーバイド・アンドカーボン社Union Carbide & Carbon Corp.として設立された。最初アセチレン,電極,乾電池などを生産していたが,20年合成化学,39年合成樹脂分野に進出した。57年に現社名に改称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のユニオン・カーバイド[会社]の言及

【石油化学工業】より

… このような流れのなかで,1920年スタンダード・オイル社(ニュージャージー)がプロピレンを原料とするイソプロピルアルコール(塗料用溶剤の原料)の生産を開始した。また25年になると,ユニオン・カーバイド社がエチレンを原料として自動車用不凍液に使われるエチレングリコールの生産を始めた。 一方ドイツでは,自国で豊富にとれる石炭の化学的利用法の研究から石油化学工業技術が生まれた。…

【ボーパール】より

…同国はハイダラーバードに次ぐ有力なムスリム藩王国であったので,インド・パキスタン分離独立に際してその帰属が問題となったが,結局1956年の現州発足とともにその州都となった。1984年12月,ユニオン・カーバイド・インド社のメチルカーバメート殺虫剤の製造工場で有毒ガス流出事故が起こり,2500人以上が死亡し,10万人以上の負傷者をだした。【応地 利明】。…

※「ユニオン・カーバイド[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報