電極(読み)でんきょく(英語表記)electrode

翻訳|electrode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電極
でんきょく
electrode

真空または誘電体中に電場をつくるため,あるいは電気伝導体中に電流を流すために設けられた導体。電位の高いほうの極を陽極,低いほうを陰極と呼ぶ。電解液中では正電荷が流れ出すほうの極をアノード,正電荷が流れ込む極をカソードという。このように正電荷の流れる向きによる呼称を拡張して一般にアノードと陽極を,カソードと陰極をそれぞれ同じ極としてさしつかえない場合も多いが,電池の両極につないだ外部導線を流れる電流の向きに関するものと電解液中の電流に関するものとでは同一の極が逆の役割にみえることに注意を要する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でん‐きょく【電極】

電界をつくったり電流を流したり電気信号を取り出したりするのに用いる部品。棒状・板状・突起状の、金属製の導体半導体が多い。対となる陽極正極)と陰極負極)がある場合、ふつう、電位の高い方を陽極、低い方を陰極とよぶ。電池では電位の高い方を正極、低い方を負極と呼んで区別することが多い。また、真空管電解槽の電極では、負電荷が流れ込む方をアノード正電荷が流れ込む方をカソードと定義する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でんきょく【電極 electrode】

ある系の中に電場をつくったり,電流を流したり,系から電流をとりだしたりする役目を果たす電子伝導体や半導体のこと。電池のような電気化学系は,少なくとも1対の電極から構成されているが,そのうちで,電極から溶液相に向かって正電荷が流れだすほうをアノードanode,逆に溶液相から電極に向かって正電荷が流れこむほうをカソードcathodeと定義する。電気化学系のアノードでは電極反応が酸化の方向に,カソードでは還元の方向に進行する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でんきょく【電極】

電場をつくるため、または電流を流すために、二つ対ついにして設ける導体または半導体。普通、電位の高い側を陽極、低い側を陰極とよぶが、電子管や電気分解では電流が外部電源から流入する方を陽極、外部に流出する方を陰極といい、電池では、電流が外部回路に向かって流出する方を正極、外部から流入する方を負極と呼んで区別することが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電極
でんきょく
electrode

真空、気体、液体、固体などや生体に電圧を加えたり、電流を流したり、信号を取り出したりするための部品をいう。板状または棒状の金属または半導体が多い。たとえば、コンデンサーの極板、真空管のカソード、グリッド、アノード、電池の正極(陽極)や負極(陰極)、電解槽の正極や負極、心電計の電極などがある。電池では電位の高いほうの電極を正極、低いほうの電極を負極とよぶ。電解槽では正電圧を加える側の電極、すなわち陰イオンの集まる電極を正極、これと反対側の電極、すなわち陽イオンの集まる電極を負極とよぶ。また、酸化インジウムスズIndium Tin oxide(ITO)等による透明な電極もあり、液晶パネル、スマートフォンのタッチパネル、電子ペーパー、太陽電池や有機エレクトロルミネセンス(EL)パネル等に用いられている。リチウムイオンなどを含む特殊なガラスの薄膜を使って生体内の電位などを測るためのガラス電極とよばれるものもある。[布施 正・吉澤昌純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

電極の関連情報