コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニホック unihoc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユニホック
unihoc

ホッケーによく似た競技。ユニバーサルホッケーの略で,ユニホッケーともいう。プラスチック製のスティックと,26個の穴のあいたプラスチック製のボールを用いて戦う。1チームは男女混合で6人。ただし男性数が女性数より多くてはいけない。ゴールキーパーは置かない。飛んできたボールを足で止めるのはよいが,けって送ることはできない。試合時間は前・後半各 10分。 1968年にスウェーデンで考案された安全性の高いスポーツで,日本には 78年に輸入された。現在,日本ユニバーサルホッケー協会と日本ユニホック協会がそれぞれ普及を進めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ユニホック(unihock)

六人一組で、プラスチック製のスティックとボールを使って行うホッケー。1968年スウェーデンで考案された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android