コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライダーカップ ライダーカップ Ryder Cup

翻訳|Ryder Cup

2件 の用語解説(ライダーカップの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライダーカップ
ライダーカップ
Ryder Cup

アメリカとヨーロッパのプロが対抗試合形式で競技する隔年開催のゴルフの大会。アメリカイギリスの対抗試合として 1927年にアメリカで始まり,1979年からイギリスに加えヨーロッパ全土から選手選抜が行なわれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

ライダーカップ

英国の富豪、サムエル・ライダーが提唱して1927年に始まった欧州対米国のプロフェッショナル対抗戦。奇数年の2年に1回、米英のコースを交互に使って開催され、当初は英国対米国の国対抗戦だった。79年に英国側のチーム編成が欧州選抜となり現在の対抗形式になった。出場するのが名誉とされ、賞金はない。大会は39年から45年まで第2次世界大戦のため中止。2001年には米国で起きた同時多発テロ事件のため翌年に持ち越された。それ以降は偶数年の開催になっている。チームは各12人で、選出方法は米国が世界ランク上位10人を自動的に選出、残り2人はキャプテン推薦。欧州は世界ランク上位5位までと欧州チームのポイントシステム上位5人にキャプテン推薦の2人。試合方式は、初日と2日目がそれぞれ2対2のチーム戦で午前中はペアマッチのフォアボール方式(1チーム各2人でプレーベストスコアで競う)。午後はフォアサム(4人がティーショットを打ち、第2打からベストボールを選択してチームメイトで交互にプレー)。3日目の最終日は1対1のマッチプレー個人戦。各試合とも勝利が2点、引き分けが1点、負けは0点となり、3日間の累計ポイント数で優勝を決める。06年9月に36回目の大会がダブリン(アイルランド)で開かれ、18.5ポイント対9.5ポイントで欧州チームが勝利。欧州チームは02年、04年に続き3連覇を達成した。

(岡田忠 スポーツジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライダーカップの関連キーワードサムエル記サムエルソン陶朱猗頓の富仮面ライダーアクア仮面ライダーオーガ仮面ライダーガイ仮面ライダーガオウ仮面ライダーガタック仮面ライダーキャモライダー版

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライダーカップの関連情報