コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウエンブルク Lauenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウエンブルク
Lauenburg

正式名称はラウエンブルクアンデアエルベ Lauenburg an der Elbe。ドイツ,シュレースウィヒホルシュタイン州南東端の都市。エルベ川右岸,エルベ=リューベック運河が合流する地点にある。市街は,1182年に台地上に築かれた城のまわりと,エルベ河岸に発達。 1260年都市権獲得。中世を通じてラウエンブルク公国の首都。公国は 1816~64年にデンマーク領,のちプロシア王国領となり,76年にプロウィンツ・シュレースウィヒホルシュタインの一部となった。 1949~90年には旧東ドイツとの数少ない国境通過点の一つであった。現在,市はエルベ川水運の港としてにぎわい,航海博物館,造船所もある。人口約1万 2000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラウエンブルクの関連キーワード天球の回転についてクリスティアン9世エドワード サピアP.G. ニプコースリースウィ戦争ラッツェブルクコンドミニウムディベリウスフロムボルクコペルニクスキール条約共同統治ニプコーサピアメルン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android