ラウエンブルク(英語表記)Lauenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラウエンブルク」の解説

ラウエンブルク
Lauenburg

正式名称はラウエンブルクアンデアエルベ Lauenburg an der Elbe。ドイツ,シュレースウィヒホルシュタイン州南東端の都市。エルベ川右岸,エルベ=リューベック運河が合流する地点にある。市街は,1182年に台地上に築かれた城のまわりと,エルベ河岸に発達。 1260年都市権獲得。中世を通じてラウエンブルク公国の首都。公国は 1816~64年にデンマーク領,のちプロシア王国領となり,76年にプロウィンツ・シュレースウィヒホルシュタインの一部となった。 1949~90年には旧東ドイツとの数少ない国境通過点の一つであった。現在,市はエルベ川水運のとしてにぎわい,航海博物館,造船所もある。人口約1万 2000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android