地点(読み)チテン

大辞林 第三版の解説

ある場所。ある位置。 山頂まであと百メートルの-に達する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 地上のある一か所。ある場所。位置。ところ。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉二四「砲台のある地点(チテン)迄」 〔張相文‐寒北紀行〕
② 使用目的にかなう土地を、選び定めること。点地。
※延慶本平家(1309‐10)二中「新都地点の事、輪田の松原の西の野に、宮城の地を被定けるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地点の関連情報