市街(読み)しがい

精選版 日本国語大辞典「市街」の解説

し‐がい【市街】

〘名〙
① 人家や商店が密集した地域。まち。
※日本風俗備考(1833)二〇「出島の位置は一方長崎の市街に対し幅三十尺許の溝ありて各相隔るなり」 〔白居易‐新昌新居詩〕
② 町の通路。にぎやかな通り。ちまた。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「即ち上下議院の宏壮、龍動府(ろんどんふ)市街の繁昌、車馬の華美」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「市街」の解説

し‐がい【市街】

人家や商店が建ち並んでいる地域。まち。
にぎやかな通り。ちまた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「市街」の解説

市街

1931年製作のアメリカ映画。原題《City Streets》。ダシール・ハメットの書き下ろし脚本によるハードボイルド・ロマンス。監督:ルーベン・マムーリアン、出演:ゲイリー・クーパー、シルビア・シドニー、ポール・ルーカスほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android