ラシッヒ法(読み)ラシッヒほう(英語表記)Raschig process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシッヒ法
ラシッヒほう
Raschig process

ベンゼンと塩化水素からフェノールを合成する工業的方法。塩素化法ともいう。 C6H6 +HCl+O→ C6H5 Cl+ H2O ,C6H5 Cl+ H2O → C6H5 OH+HClのように,中間に塩化ベンゼンを生成する。第1段反応では触媒に酸化銅,酸化鉄などが用いられ,反応温度は 230~250℃。第2段反応ではリン酸カルシウムまたは二酸化ケイ素が用いられ,反応温度は 400~500℃。現在では行われていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android