コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化水素 えんかすいそ hydrogen chloride

7件 の用語解説(塩化水素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化水素
えんかすいそ
hydrogen chloride

化学式 HCl 。刺激性の気体。食塩に硫酸を作用させ,あるいは塩素中で水素を燃焼させて製造する。無色,不燃性。空気中の湿気で発煙する。比重 1.268 (空気=1) 。融点-114.22℃,沸点-85.05℃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

塩化水素

刺激臭がある無色透明の気体で水に溶けやすい。水と結びつくと塩酸に変わるため、目やのどなどに付着すると、痛みなどの刺激を与える。多量の場合はやけどや失明を引き起こす恐れもある。大気汚染防止法排出基準は、廃棄物焼却炉1立方メートル当たり0・7グラム

(2011-04-30 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんか‐すいそ〔エンクワ‐〕【塩化水素】

食塩に濃硫酸を加えて熱すると得られる、常温で無色、刺激臭のある気体。湿った空気中では発煙する。工業的には水素塩素とから直接合成。水溶液塩酸塩化ビニルの製造原料。化学式 HCl

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塩化水素【えんかすいそ】

化学式はHCl。融点−114.2℃,沸点−85.1℃。無色刺激臭ある気体。湿った空気中で発煙。水,アルコールなどによく溶ける。水溶液塩酸という。天然には火山ガス中に含まれることがあり,水溶液は胃液中にも存在。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えんかすいそ【塩化水素 hydrogen chloride】

化学式HCl。無色の刺激臭のある気体で,その水溶液を塩酸という。実験室では,濃塩酸に濃硫酸を滴下したり,塩化ナトリウムと濃塩酸を反応させて得る。工業的には塩酸の製造過程でつくられる。融点-114.2℃,沸点-84.9℃。臨界温度51.4℃,臨界圧力81.5気圧。湿った空気中で発煙する。H-Cl結合距離は0.1274nmで,その結合は共有結合性83%,イオン結合性17%と考えられており,気体ではむしろ極性のある共有結合性分子とみなされるが,水にきわめてよく溶け,水溶液中ではH(水分子と結合してオキソニウムイオンH3Oとして存在している)とClとに事実上完全に解離する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんかすいそ【塩化水素】

塩化ナトリウムなどの塩化物に濃硫酸を加えると発生する強い刺激臭のある無色の気体。工業的には食塩を電気分解して生ずる塩素と水素から合成する。化学式 HCl 湿った空気中で発煙。水によく溶けて塩酸を生ずる。塩化ビニルの原料として重要。塩酸ガス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化水素
えんかすいそ
hydrogen chloride

水素と塩素の化合物。天然には火山ガスに含まれることがあり、実験室では濃硫酸に濃塩酸を滴下(てきか)して発生させるか、塩化ナトリウムに濃硫酸を加え熱してつくる。工業的には塩素と水素との気流を噴出、衝突させて点火すると連鎖反応によって塩化水素を生成する。無色で、刺激臭のある発煙性の気体。吸湿性が強く、空気中の水分を吸収して塩酸を生じ、金属を腐食する。冷却すると、無色の液体から固体になる。水によく溶けて塩酸になる。水溶液から一水和物HClH2O、二水和物HCl2H2O、三水和物HCl3H2Oなどの結晶が得られる。アルコール、エーテル、ベンゼンなどにもよく溶ける。完全に乾いた塩化水素は不活性であることが多いが、水溶液である塩酸は非常に反応性が高い。塩酸の製造のほか、無水和物は塩化ビニルや塩化エチレンの原料となる。吸湿性が強いので、有機合成における脱水剤や非水溶媒中では縮合剤として用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塩化水素の言及

【大気汚染】より

…大気汚染防止法では,燃焼に伴い発生する硫黄酸化物とばい塵,電気を熱源に使ったときにでるばい塵および物の燃焼,合成,分解に伴い発生する有害物質がばい煙とされている。ここで有害物質とは,カドミウム,鉛とこれらの化合物,塩素,塩化水素,フッ素,フッ化水素,フッ化ケイ素および窒素酸化物である。 硫化水素H2S無色腐卵臭のある有毒気体で,火山ガスや鉱泉に含まれ,硫黄を含むタンパク質の腐敗でも生ずる。…

【ハロゲン化水素】より

…フッ化水素HF,塩化水素HCl,臭化水素HBr,ヨウ化水素HIおよびアスタチン化水素HAtの総称。ハロゲン原子と水素原子との結合はフッ化水素を除いてはイオン性よりもむしろ共有結合性で,結合のイオン性の程度はつぎのようである。…

※「塩化水素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩化水素の関連キーワード亜硫酸ガスイソブチレン化学受容クロラール臭化水素二酸化硫黄メチルエーテル沃化水素蟻酸刺激臭

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩化水素の関連情報