コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化銅 さんかどう copper oxide

6件 の用語解説(酸化銅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸化銅
さんかどう
copper oxide

(1) 酸化銅 (I) ,酸化第一銅  Cu2O 。俗に亜酸化銅ともいう。天然には赤褐色の赤銅鉱として産する。立方晶系の結晶。色は製法や粒子の大きさによって多様で,黄,赤,褐色などを呈する。湿った空気中では酸化されて酸化銅 (II) となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんか‐どう〔サンクワ‐〕【酸化銅】

酸化物
酸化銅(Ⅰ)(酸化第一銅)Cu2O 硫酸銅(Ⅱ)水溶液フェーリング液還元して得られる赤色の結晶性粉末。天然には赤銅鉱として産出。赤色顔料ガラスの着色剤などに使用。亜酸化銅。
酸化銅(Ⅱ)(酸化第二銅)CuO 銅片を空気中で赤熱して得られる黒色粉末。天然には黒銅鉱として産出。窯業の緑青色顔料、塗料、酸化剤などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酸化銅【さんかどう】

(1)酸化銅(I)Cu2O。亜酸化銅とも。比重6.04,融点1235℃。水に不溶の赤色粉末。濃アンモニア水に可溶。ガラス・陶磁器の赤色着色剤などに使用。天然には赤銅鉱として産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんかどう【酸化銅 copper oxide】

銅の酸化数が異なる2種の酸化銅が存在する。
[酸化銅(I)]
 化学式Cu2O。赤色固体。赤銅鉱として天然に産出する。フェーリング液(2価銅イオンアルカリ性酒石酸ナトリウムカリウム溶液)にグルコースを加えるとCuIIが還元されてCu2Oが赤色沈殿する。この反応は鋭敏で,糖の検出に用いられる。結晶中では酸素の体心立方格子中に4個の銅が入っていて,酸素のまわりに4個の銅原子が正四面体に配位している。これは空隙の多い構造なので実際のCu2Oでは,格子が互いに入りくんだ構造をとっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんかどう【酸化銅】

酸化銅(Ⅰ)。化学式 Cu2O 赤色の結晶性粉末。天然には赤銅鉱として産出する。赤色ガラスの着色剤や半導体として整流器・光電池の材料に用いられる。亜酸化銅。
酸化銅(Ⅱ)。化学式 CuO 天然には黒銅鉱として得られる。銅片を空気中で赤熱して得られる黒色粉末。顔料・酸化剤・触媒として用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化銅
さんかどう
copper oxide

酸素と銅の化合物。酸化数およびの化合物が知られている。
(1)酸化銅() 俗に亜酸化銅とよばれる。天然には赤銅鉱として産する。酢酸銅()水溶液にヒドラジンを加えてつくるか、フェーリング溶液にブドウ糖を加えて温めてつくる。赤色結晶性粉末。乾燥空気中では安定であるが、湿気があると徐々に酸化されて酸化銅()となる。1000℃以上では酸化銅()よりも安定。1800℃以上で酸素を失う。水に不溶。塩酸、アンモニア水に溶けて無色の溶液となるが、空気に触れると酸化されて着色する。硫酸と温めると硫酸銅()と金属銅に不均化する。ガラス、エナメルなどの赤色顔料、船底塗料などに用いられる。
(2)酸化銅() 天然には黒銅鉱として産出する。水酸化銅()、硝酸銅()、塩基性炭酸銅()などを強熱するか、銅線を空気中で赤熱すると得られる。水には不溶であるが、酸には溶ける。アンモニア水、塩化アンモニウムあるいはシアン化カリウム水溶液に可溶性錯塩をつくって溶ける。また水酸化アルカリ水溶液にも溶けて濃青色溶液となる。水素気流中で熱すると250℃以下で金属銅となる。緑青色顔料としてガラスなどに使われ、塗料としても用いられる。化学では元素分析用酸化剤として用いられる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化銅の関連キーワード亜酸化物酸化ニッケル酸性酸化物硫酸銅アミノ酸酸化酵素遊離アミノ酸亜酸化銅整流素子酸化ケイ素(酸化珪素)酸化ヒ素(酸化砒素)酸化レニウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化銅の関連情報