コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランキンの土圧論 Rankine's theory of earth pressure

法則の辞典の解説

ランキンの土圧論【Rankine's theory of earth pressure】

平面で限られた無限の広がりをもった粉体中に仮想的に考えた,地表面と平行な平面に作用する鉛直方向の土圧力は,応力楕円の共役半径の関係にあり,さらに粉体内の考慮した面に作用する圧力は,その位置に壁面が存在した場合にその面に作用する圧力に等しいという仮定をもとに導かれた土圧力の理論.

地表面の傾斜角を α,流体の単位体積当たりの重量を γ,流体の内部摩擦角を θ としたとき,深さ h にある表面に平行な面 ds′ に作用する鉛直方向の圧力の大きさは prhcosα となるはずである.そこで同じ点を通る鉛直面 ds に働く,地表面に平行な力を考えると,こちらは p′=kpkrhcosα となる.pp′ とは共役応力の関係にあるはずだから,主動土圧力に関しては

受動土圧力に関しては

として与えられる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android