仮定(読み)カテイ

デジタル大辞泉 「仮定」の意味・読み・例文・類語

か‐てい【仮定】

[名](スル)
未定のこと、不確かなことを仮にこうと定めること。また、仮に定めた事柄。「今ここにコップがあると仮定してみよう」「仮定の上に立って物を言う」
論理学などで、ある命題を導き出す推論出発点におかれる前提条件。仮設
[類語]想定設定仮説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「仮定」の意味・読み・例文・類語

か‐てい【仮定】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( ━する ) 一時的に国を平定すること。
    1. [初出の実例]「一時を仮定する豊臣氏の如くにして成らんより」(出典:日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五)
  3. ( ━する ) 仮に想定すること。
    1. [初出の実例]「政党の真面目(しんめんもく)は此の如きものと仮定(カテイ)しますも」(出典花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上)
  4. かせつ(仮設)〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「仮定」の意味・わかりやすい解説

仮定 (かてい)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の仮定の言及

【仮設】より

…数学用語。〈xが0でない実数ならばx2は正の数である〉というような〈AならばB〉の形の数学的定理(または命題)において,Aの部分,上の例では〈xは0でない実数である〉をこの定理の仮定または仮設という。Bの部分,上の例では〈x2は正の数である〉をこの定理の結論または終結conclusionという。…

※「仮定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android