コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウビンタイモドキ(英語表記)Marattia boninensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュウビンタイモドキ
Marattia boninensis

リュウビンタイ科のリュウビンタイに似た大型のシダ植物であるが別属。小笠原諸島特産。葉は長さ 2m前後に達し,小羽片が線状披針形でリュウビンタイより長く,側脈は多いが単条で,胞子嚢群は各胞子嚢が合着して単体子嚢群となる点で区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のリュウビンタイモドキの言及

【リュウビンタイ】より

…この属の分類には不明の点が多く,日本のリュウビンタイがどの範囲に分布しているかは判然としない。 リュウビンタイモドキMarattia boninensis Nakaiはその名が示すとおり,リュウビンタイに似た大型のシダであるが,胞子囊はくっつきあって楕円体状の1個の単体胞子囊群をつくる。【加藤 雅啓】。…

※「リュウビンタイモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android