コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リージョナルバンク りーじょなるばんく

2件 の用語解説(リージョナルバンクの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リージョナルバンク

日本の「地銀」や「信用金庫」にあたる、アメリカにおける専門銀行の一種。特定の地域に店舗網を持ち、地域密着型の融資営業を展開する。リテール業務が中心で、大規模な銀行はさほど多くない。大手のリージョナルバンクは「スーパーリージョナルバンク」と呼ぶ。バブル崩壊以降、不採算の海外事業や地域から撤退し、規模を縮小しても採算性の高い地域での営業に特化して経営体質を強化、リージョナルバンク化する地銀も増えてきている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リージョナル‐バンク(regional bank)

ある地域においてのみ、経営を行う地域金融機関

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リージョナルバンクの関連キーワードリテールバンキング金庫信用金庫信用組合信金信金中央金庫あおもり信用金庫にいかわ信用金庫小原鉄五郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リージョナルバンクの関連情報