ルーファス ウェインライト(英語表記)Rufus Wainwright

現代外国人名録2016の解説

ルーファス ウェインライト
Rufus Wainwright

職業・肩書
ミュージシャン

国籍
カナダ

生年月日
1973年7月22日

出生地
米国ニューヨーク

経歴
両親はともにフォーク歌手。幼い頃に両親が離婚、モントリオールで母に育てられる。6歳でピアノを始め、13歳で母親のグループ、ケイト&アンナ・マッガリグルのツアーでステージに立つ。14歳の時には映画のために書いた曲「アイム・ラニング」がカナダで話題となり、同国のオスカーといわれるジーニー賞や、同国のグラミーに位置付けられるジュノー賞にもノミネートされる。また、14歳の頃ゲイであることに気付き、18歳でカミングアウトする。1998年アルバム「ルーファス・ウェインライト」を発表、ミュージシャンとしてデビュー。同年初来日。その後も2001年「ポーゼス」、2003年「ウォント・ワン」、2005年「ウォント・トゥー」と着実にアルバムをリリース、ポップミュージックとクラシック、オペラとを融合させたドラマチックなサウンドで多くのファンを獲得。また楽曲が「ブリジット・ジョーンズの日記」「アビエイター」「ルイスと未来泥棒」といった映画に相次いで使用される。2008年、2010年、2013年、2015年来日公演を行う。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android