コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッグウエア レッグウエア leg wear

2件 の用語解説(レッグウエアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レッグ‐ウエア(leg wear)

脚の部分を装うための衣服。タイツストッキングレッグウオーマーなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レッグウエア
れっぐうえあ
legwear

脚の部分を装うものの総称。ソックスsocks(靴下)、ストッキングstockings、パンティストッキング(和製英語アメリカ英語ではpantyhoseイギリス英語でtights)や厚手のストッキングを意味するタイツtights、脚にぴったりしたパンツを意味するレギンスleggingsやスパッツspats、脚絆(きゃはん)風の防寒用品のレッグウォーマーlegwarmersなどさまざまなものがある。それぞれに材質や編み方、丈、色柄などの種類が豊富である。
 16世紀なかばにイギリスでメリヤス編みのストッキングが開発されるまで、織物でできた脚部にぴったりとした履きものは、ホーズhose(現代では靴下の意味)とよばれていた。このホーズから派生し、用途や形状の違いから別の名称でよばれるレッグウエアが数多く存在する。
 2013年(平成25)ごろから、いれずみのようにみえる模様のあるタトゥーストッキングや、ストッキングと靴下やスニーカーを組み合わせる着こなしが流行している。この流行にあわせ、若い女性の間では、ストッキングという名称にかわり、かつてのホーズが変化したホーザリーhosieryやシアータイツsheer tightsといった呼称が普及しつつある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レッグウエアの関連情報