コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストッキング ストッキング stocking

翻訳|stocking

5件 の用語解説(ストッキングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストッキング
ストッキング
stocking

脚部と足部をおおうための,肌にぴったりと密着する被服の一種。長靴下ともいう。膝まで達しない丈の短いものは,ソックスと呼んで区別する。 16世紀に生れた当初は男性用で,丈の短い下衣ブリーチズと組合せて用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ストッキング(stocking)

長い靴下。通常、婦人用のひざ上、太ももまでの長さの薄い靴下。
スポーツ用の、厚手でひざ丈ぐらいの靴下。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ストッキング

長靴下のこと。中世に男子の用いたぴったりしたタイツ風のズボンホーズ)の変化したもので,16世紀ごろからストッキングと称された。16世紀に靴下編み機が発明されて絹のニット・ストッキングが上流女性の間に広まり,第2次大戦後はナイロン製が主流となった。
→関連項目靴下

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ストッキング【stocking】

長い靴下。特に、婦人用の薄い長靴下。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストッキング
すとっきんぐ
stockings

脚部から足までをぴったりと覆う、いわゆる長靴下のこと。通常膝上(ひざうえ)以上のものをさし、短いものはソックスsocks(短靴下)とよばれる。ストッキングは製造法から次のように大別できる。
(1)フル・ファッション 足の形にあわせて編んだものを後部のシームライン(縫目線)で縫合する成形靴下。
(2)トリコット・ストッキング トリコット地を裁断縫製した、やや厚地の伝線しにくいもの。
(3)シームレス・ストッキング 後部にシームラインのないもので、筒状に丸編みにしたものを熱処理で脚形にしたもの、および最初から脚の形に編んだものとがある。
 かつてストッキングは絹製のものを最上としたが、第二次世界大戦以後はナイロン製がとってかわった。現在は、パンツ部分と組み合わさったパンティ・ストッキングが普及している。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のストッキングの言及

【靴下】より

…爪先から脚部をおおう衣類。綿,麻,絹,毛織物,毛皮,化学繊維などで作られ,長さや厚さによってソックス,ハイソックス,タイツ,パンティストッキングなどさまざまの種類がある。脚部だけをおおう習慣は,ゲートル風にひも状のものを巻きつけたものがエジプトやギリシアでみられ,中世にも引き続き用いられてきた。…

※「ストッキング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストッキングの関連キーワードタイツ貴公半長靴ウエルト靴下留陽道長くつ下のピッピわキャッタピーダッラピッコラピッツァ・クアトロ・フォルマッジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストッキングの関連情報