コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイツ tights

翻訳|tights

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイツ
tights

腰から足先にかけて素肌をぴったりと包み込む伸縮性のある脚衣のこと。主としてバレエ,体操競技,サーカスなど,極度に運動の激しい場合に男女が着用し,上体と一連になったものもこう呼ぶ。この種のタイトな脚衣は広くはホーズともいわれ,紀元前6世紀代にすでにみられる。初期には革製であったが,やがて布地から織地,網地へと発展した。ヨーロッパの中世後期から近世にかけてはラシャ製のホーズが最も普遍的な脚衣であった。 16世紀になって腰から大腿部をおおうトランクホーズが用いられるようになると,ホーズは事実上トランクホーズとストッキングとに分離し,次第にニット製のものが現れるようになった。現在のタイツが登場するのは 19世紀なかば以後のことであり,メリヤス技術の発達とスポーツの普及に起因する。メリヤス地によるタイツの発達は,バレエの技法に著しい影響をあたえ,跳躍や空中での回転がこれによって自由自在にできるようになった。なお,タイツにはオペラレングスという足首から先の部分がないスパッツのようなものもある。色は肌色,白,ピンク,黒を主に種類も豊富である。フランスでタイツをマヨーというのは,19世紀の初め,パリ・オペラ座の衣装係マヨーがバレエ用に改良し,バレエの制服の一部にしたからである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タイツ(tights)

伸縮性のある布地を用いて、腰から下をぴったりとおおうように作られた衣服。バレエなどのスポーツ着として、また、防寒用に使用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

タイツ

腰から足先までを包むストッキングの一種。防寒用,スポーツ用,おしゃれ用としておもに女性,子どもに用いられるほか,バレエ,演劇などの舞台衣装としても用いられる。
→関連項目靴下

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイツ【tights】

足先から腰まで一体に作った厚めの靴下をいう。女性用だけでなく,子ども用や前に開きがあり,足首から下のない男性用もある。タイトはぴったりするという意味であり,前身としては,中世の男子の,ホーズhoseと呼ばれる長靴下状の脚衣に見られる。タイツが衣服の名称に使われたのは,18世紀から19世紀初期の,体にぴったりした男子のズボンからである。演劇,舞踊,スポーツなどで用いられてきたが,1960年代に,ミニ・スカートの流行でパンティ・ストッキングが現れると,同形の,やや厚めのタイツが一般にも普及するようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

タイツ【tights】

腰から足先までをぴったり包む長靴下風の衣服。一般に、伸縮性のある編み地のものをいう。バレエやスポーツなどで用い、また防寒用にも使用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のタイツの言及

【バレエ】より

…またこの時代には優れた舞踊家が輩出し,さらに衣装の改革が進み,仮面は廃止された。今日のタイツと呼ばれるものも,19世紀の初めに発明され,舞踊技術の進歩を促した。 次いでイタリアにS.ビガーノが現れ,ノベールの道をさらに発展させた。…

※「タイツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タイツの関連キーワードプチ(Roland Petit)アブストラクト・バレエパンティ・ストッキングシグマンド ロンバーグパンティーストッキングフィリップ スタルクレギー・ファッションパンティストッキングガーター(靴下留め)ドン ウォーカーリーオー ロビンデイブ チャペルtrenckerシアータイツかがわの水割レッグウエアジャンメールキュロットコドピース山スカート

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイツの関連情報