コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーゼ-ゴットリーブ法

栄養・生化学辞典の解説

レーゼゴットリーブ法

 牛乳やクリーム,脱脂乳などの脂肪定量法の一つ.脂肪球被膜を破壊してから溶媒で脂肪を抽出し,溶媒を除いて脂肪を定量する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android