コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱脂乳 だっしにゅうskim milk

翻訳|skim milk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱脂乳
だっしにゅう
skim milk

牛乳から脂肪分を遠心分離した残りの部分。脂肪率は 0.1%以下で,主成分はカゼイン,ラクトアルブミン,ラクトグロブリンなどの蛋白質,乳糖,無機質,ビタミン B1,B2 ,Cなど。発酵乳,脱脂チーズ,カゼインや乳糖の原料になる。水分を除いたものを脱脂粉乳といい,保存性にすぐれ利用範囲も広い。 (→還元牛乳 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

脱脂乳【だっしにゅう】

脂肪分を抜き取った牛乳。英語でnonfat milk。粉末にしたものが一般的。スキムミルクとも。飲用するほか,菓子,乳酸菌飲料,アイスクリーム等の製造に用い,またカゼイン,乳糖,脱脂チーズ等の原料ともされる。
→関連項目乳製品粉乳ホエー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

脱脂乳

 スキムミルクともいう.牛乳からクリームをとり除いた残りの部分.乾燥粉末も販売される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だっしにゅう【脱脂乳 nonfat milk】

牛乳から脂肪に富んだ部分,すなわちクリームを分離した残りの部分。スキムミルクskim milkともいう。化学的には牛乳から脂肪と脂溶性ビタミン(A,D,E)が除かれたもので,その他の成分はそのまま全部含まれている。規格では脱脂乳(乳脂肪0.5%未満)と部分脱脂乳(乳脂肪0.5%以上3.0%未満)の2種類がある。脱脂粉乳,脱脂加糖練乳,ヨーグルト,カテージチーズ,アイスクリーム,加工乳,乳飲料,カゼインの原料となるほか,子牛育成用の飼料としても重要なものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だっしにゅう【脱脂乳】

牛乳からクリームを分離したもの。脂肪分はほとんどないが、タンパク質・カルシウムなどはそのまま残り、カロリーが低い。種々の食品の加工原料となる。スキム-ミルク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脱脂乳の関連キーワード覚えておきたい牛乳の種類とその内容ミルクタンパク質濃縮物レーゼフルフリルアルコールインスタンタイザークロッテドクリームローファットミルクカッテージチーズカゼイン共沈物リトマス牛乳バターミルクハウザー食エバミルクカルシウムタンパク質パステルカロリー乳酸飲料ガプロン酸乳飲料

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脱脂乳の関連情報