コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱脂乳 だっしにゅう skim milk

翻訳|skim milk

6件 の用語解説(脱脂乳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱脂乳
だっしにゅう
skim milk

牛乳から脂肪分を遠心分離した残りの部分。脂肪率は 0.1%以下で,主成分カゼインラクトアルブミンラクトグロブリンなどの蛋白質,乳糖,無機質ビタミン B1,B2 ,Cなど。発酵乳,脱脂チーズ,カゼインや乳糖の原料になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だっし‐にゅう【脱脂乳】

牛乳から乳脂肪分を除去したあとのもの。加工乳脱脂粉乳ヨーグルトアイスクリームなどの原料にする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脱脂乳【だっしにゅう】

脂肪分を抜き取った牛乳。英語でnonfat milk。粉末にしたものが一般的。スキムミルクとも。飲用するほか,菓子,乳酸菌飲料,アイスクリーム等の製造に用い,またカゼイン,乳糖,脱脂チーズ等の原料ともされる。
→関連項目乳製品粉乳ホエー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

脱脂乳

 スキムミルクともいう.牛乳からクリームをとり除いた残りの部分.乾燥粉末も販売される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だっしにゅう【脱脂乳 nonfat milk】

牛乳から脂肪に富んだ部分,すなわちクリームを分離した残りの部分。スキムミルクskim milkともいう。化学的には牛乳から脂肪と脂溶性ビタミン(A,D,E)が除かれたもので,その他の成分はそのまま全部含まれている。規格では脱脂乳(乳脂肪0.5%未満)と部分脱脂乳(乳脂肪0.5%以上3.0%未満)の2種類がある。脱脂粉乳,脱脂加糖練乳,ヨーグルト,カテージチーズ,アイスクリーム,加工乳,乳飲料,カゼインの原料となるほか,子牛育成用の飼料としても重要なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だっしにゅう【脱脂乳】

牛乳からクリームを分離したもの。脂肪分はほとんどないが、タンパク質・カルシウムなどはそのまま残り、カロリーが低い。種々の食品の加工原料となる。スキム-ミルク。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脱脂乳の関連キーワードクリプトクリーム低脂肪乳クロテッドクリームせせり空のカロリークリームセパレーター脂肪置換クリームレーゼ-ゴットリーブ法野菜土壌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱脂乳の関連情報