コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロザムンデ

2件 の用語解説(ロザムンデの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ロザムンデ

オーストリアの作曲家フランツシューベルト管弦楽曲(劇付随音楽)D797(1823)、および弦楽四重奏曲第13番D804(1824)。原題《Rosamunde, Prinzessin von Zypern》。正式名称は『キプロスの女王ロザムンデ』。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロザムンデ(Rosamunde)

シューベルトの劇付随音楽「キプロスの女王ロザムンデ」の通称。1823年の作。ふつう、序曲のみが独立した管弦楽曲として演奏されることが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロザムンデの関連キーワード野ばら楽興の時スッペ未完成アヴェ・マリア糸を紡ぐグレートヒェン楽に寄す幻想曲ハ長調「さすらい人」シュミット, フランツ

ロザムンデの関連情報