コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロットワイラー Rottweiler

翻訳|Rottweiler

大辞林 第三版の解説

ロットワイラー【Rottweiler】

イヌの一品種。ドイツ原産。体高60~70センチメートル。黒い被毛は短く光沢がある。古くは軍用犬、現在は警察犬として用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ロットワイラー

ヨーロッパ原産の大型犬で、1歳以上の雄の成犬は体重50キロ、体高65センチほどになる。大型犬の中でも力が強く、古代ローマ時代から防犯犬として飼われ、現在では欧米を中心に警察犬としても使われている。

(2013-03-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

ロットワイラー【Rottweiler】

ドイツのロットワイル地方原産の大型犬。盲導犬、警察犬、災害救助犬として活躍している。JKCでは、第2グループ(使役犬)に分類する。

出典|講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内のロットワイラーの言及

【ドーベルマン・ピンシェル[種]】より

…名称はこのイヌの作出者カール・ルイス・ドーベルマンに由来し,すでにシェパード,ボクサー,シュナウツァーなどが華々しく発展していた当時,彼は,力強く優美さを兼備したサラブレッドのような作業犬を理想にえがいて育種したと伝えられる。彼は育種記録を秘密にしていたので研究経過は不明であるが,すでに牧畜犬として活躍していたロットワイラーRottweilerが基礎犬であることはまちがいなく,後にマンチェスター・テリア,グレーハウンドの血液も取り入れられた。性格はかみそりのように鋭い怜悧(れいり)さと命令に絶対服従する高い知能をもつ。…

※「ロットワイラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロットワイラーの関連キーワードドーベルマン・ピンシェル[種]軍用犬光沢イヌ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロットワイラーの関連情報