ロベール マイヤール(英語表記)Robert Mailart

20世紀西洋人名事典の解説

ロベール マイヤール
Robert Mailart


1872.2.6 - 1940.4.5
スイスの構造技術者。
ベルン生まれ。
スイスの構造技術者で、チューリヒ連邦工科大学で学ぶ。1902年チューリヒで、構造設計事務所を設立し、「マイヤール式架橋方式」と呼ばれる三ヒンジアーチを使用した鉄筋コンクリート構造を発案。’10年には梁がない、床スラブ方式を提唱した。代表作品に「ザルギナトーベルの橋」(’29〜30年)や「チューリヒ博覧会のセメント・パヴィリオン」(’38年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android