コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水宏 しみずひろし

8件 の用語解説(清水宏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水宏
しみずひろし

[生]1903.3.28. 静岡
[没]1966.6.23. 京都
映画監督。 1921年松竹蒲田に入社。 24年『峠の彼方』で監督となる。以来メロドラマや「若旦那シリーズうまみのある演出を見せた。 37年の『風の中の子供』をはじめとし『子供の四季』 (1939) ,『みかへりの塔』 (41) など児童の世界を描いた作品にすぐれた手腕を発揮,第2次世界大戦後は浮浪児を世話しながら蜂の巣プロを主宰,『蜂の巣の子供達』 (48) など写実的手法による佳作を生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しみず‐ひろし〔しみづ‐〕【清水宏】

[1903~1966]映画監督。静岡の生まれ。「峠の彼方」で監督デビュー。人情ものや、ドキュメンタリータッチで子供を描いた作品で高く評価された。代表作「有りがたうさん」「風の中の子供」「小原庄助さん」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清水宏【しみずひろし】

映画監督。静岡県生れ。札幌農科大中退。1921年松竹蒲田撮影所に入社。《峠の彼方》(1924年)で監督デビュー。《有りがたうさん》(1936年)などロケーション撮影を中心とした,ドキュメンタリー的な作品で冴えをみせた。(1903-1966)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水宏 しみず-ひろし

1903-1966 大正-昭和時代の映画監督。
明治36年3月28日生まれ。大正10年松竹蒲田(かまた)撮影所にはいり,13年「峠の彼方」で監督となる。メロドラマや若旦那ものを得意としたが,のちロケーションを多用した「風の中の子供」などの児童映画をつくる。戦後,蜂の巣プロを創設,「蜂の巣の子供達」などを製作した。昭和41年6月23日死去。63歳。静岡県出身。北海道帝大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

清水 宏


芸名
清水 宏

性別
男性

生年月日
1948/02/11

星座
みずがめ座

干支
子年

出身地
山口県

身長
173cm

体重
61kg

靴のサイズ
25cm

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
山口県出身。俳優として、映画、テレビVシネマなどで活躍している。主な出演作品に、映画『ミンボーの女』『トリック・ザ・ムービーⅡ』、日本テレビ『探偵物語』、TBS3年B組金八先生』、フジテレビ『傷だらけのラブソング』、Vシネマ『ビーバップハイスクール』『無間地獄』、ネットムービー『キキコミ』他多数。

代表作品
日本テレビ『探偵物語』 / 映画『トリック・ザ・ムービーⅡ』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しみずひろし【清水宏】

1903‐66(明治36‐昭和41)
映画監督。静岡県生れ。〈映画から極力舞台的な芝居を除きたい〉という〈実写的精神〉に基づく映画作法で,坪田譲治原作の《風の中の子供》《子供の四季》から,敗戦後,みずから世話をしていた戦災孤児たちを主人公に,カメラマン助監督以外はすべて素人のスタッフキャストで自主製作した《蜂の巣の子供達》(1948)とそれに続く《その後の蜂の巣の子供達》(1951),《大仏さまと子供たち》(1952)の三部作に至る,子どもを描いた数々の作品に独自の境地をひらく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しみずひろし【清水宏】

1903~1966) 映画監督。静岡県生まれ。戦前戦後を通じて流麗な抒情の作品を数多く撮り,特に子どもを伸びやかに描くのを得意とした。「有りがたうさん」「風の中の子供」「蜂の巣の子供達」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水宏
しみずひろし
(1903―1966)

映画監督。明治36年3月28日、静岡県生まれ。科学評論家の原田三夫(はらだみつお)(1890―1977)の書生を経て1922年(大正11)に松竹蒲田撮影所入社、『峠の彼方』(1924)で監督昇進。メロドラマや喜劇を得意とする多作家で、みずみずしさを評価され、終生の友の小津安二郎(おづやすじろう)と松竹蒲田(かまた)のモダンな作風を担う。朗らかなスポーツ学生が活躍する「大学の若旦那(だんな)」シリーズなど娯楽作品を手がけ、また、寂しい山村や港町を舞台に、旅芸人や渡り者の哀歓と流転を描く『浮草娘旅風俗』(1929)、『人生の風車』(1931)、『彼と彼女と少年達』(1935)などを発表。上原謙(うえはらけん)(1901―1991)や桑野通子(くわのみちこ)(1915―1946)ら新人俳優、子ども、素人を好んで起用し、1930年代後半、『有りがたうさん』(1936)などの作為を排するリアリズムで注目される。坪田譲治(つぼたしょうじ)原作『風の中の子供』(1937)で日本を代表する児童映画の監督となる。ロケーション主体の即興的演出で詩情豊かな秀作を生み、戦時下には朝鮮で撮った短篇『ともだち』(1940)、非行児童施設を扱った『みかへりの塔』(1941)が評価され、湯治場を舞台にユーモア溢れる『簪(かんざし)』(1941)などを撮った。第二次世界大戦後は1948年に戦後の独立プロの先駆となる「蜂の巣映画」を設立、伊豆の農場で戦災孤児達を育てながら「蜂の巣」3部作を自主製作。新東宝で『小原庄助(おはらしょうすけ)さん』(1949)、大映で『母のおもかげ』(1959)など母もの映画にあたり、遺作はテレビドラマ『良寛さまと子供たち』(1959)の監修。昭和41年6月23日死去。自然のままの姿と旅を愛し、共同体から疎外される人達を一貫して描いた。女優田中絹代(たなかきぬよ)は元妻。卓越した風景描写や独創的な作風が再評価されている。[佐藤千紘]

資料 監督作品一覧

峠の彼方(1924)
山男の恋(1924)
恋より舞台へ(1924)
白菊の唄(1924)
恋に狂ふ刃(1924)
村の牧場(1924)
篝火(かがりび)の夜(1925)
小さき旅芸人(1925)
桃色の棘(1925)
激流の叫び(1925)
義人の刃(1925)
すたれ者(1925)
一心寺の百人斬(1925)
虎徹の斬れ味(1925)
恋の捕縄(1925)
落武者(1925)
悩ましき頃(1926)
美人と浪人(1926)
心中薩摩歌(1926)
真紅の熱情(1926)
京子と倭文子(しづこ)(1926)
裏切られ者(1926)
妖刀(1926)
狂怒乱心(1926)
嘆きの薔薇(1926)
三人の娘(1927)
お照とお雪(1927)
彼と未亡人(1927)
狂恋のマリア(1927)
春の雨(1927)
恋慕夜叉(1927)
恋は曲者(1927)
炎の空(1927)
人生の涙(1927)
不景気征伐(1927)
出世の近道(1927)
田舎の伊達男(1927)
愛欲変相図(1928)
海に叫ぶ女(1928)
愛憐二人行脚(1928)
踊れ若者(1928)
昭和の女(1928)
幼なじみ(1928)
拾った花嫁(1928)
山彦(1928)
美しき朋輩たち(1928)
森の鍛冶屋(1929)
あひる女(1929)
東京の魔術(1929)
ステッキガール(1929)
浮草娘旅風俗(1929)
村の王者(1929)
陽気な唄(1929)
親(1929)
自慢の倅(1929)
不壊(ふえ)の白珠(1929)
父の願ひ(1929)
恋慕小唄(1929)
恋愛第一課(1929)
紅唇罪あり(1930)
真実の愛(1930)
岐路に立ちて(1930)
抱擁(ランブラッス)(1930)
海の行進曲(1930)
浮気ばかりは別物だ(1930)
青春の血は躍る(1930)
霧の中の曙(1930)
新時代に生きる(1930)
餓鬼大将(1931)
銀河(1931)
混戦二タ夫婦(1931)
有憂華(1931)
そりゃ実感よ(1931)
輝く愛(1931)
この母に罪ありや(1931)
人生の風車(1931)
青春図会(1931)
七つの海 処女篇(1931)
情熱(ラ・パシオン)(1932)
七つの海 貞操篇(1932)
満州行進曲(1932)
陸軍大行進(1932)
海の王者(1932)
愛の防風林(1932)
白夜は明くる(1932)
学生街の花形(1932)
暴風帯(1932)
眠れ母の胸に(1933)
泣き濡れた春の女よ(1933)
港の日本娘(1933)
恋愛一刀流(1933)
旅寝の夢(1933)
大学の若旦那(1933)
東洋の母(1934)
恋を知りそめ申し候(1934)
大学の若旦那 武勇伝(1934)
祇園囃子(1934)
大学の若旦那 太平楽(1934)
金環蝕(1934)
恋愛修学旅行(1934)
大学の若旦那 日本晴れ(1934)
東京の英雄(1935)
若旦那 春爛漫(1935)
彼と彼女と少年達(1935)
双心臓(1935)
恋愛豪華版(1935)
若旦那百万石(1936)
感情山脈(1936)
有りがたうさん(1936)
愛の法則(1936)
自由の天地(1936)
君よ高らかに歌へ(1936)
青春満艦飾(1936)
恋愛無敵艦隊(1937)
金色夜叉(1937)
恋も忘れて(1937)
さらば戦線へ(1937)
花形選手(1937)
風の中の子供(1937)
新家庭暦(1938)
出発(1938)
応援歌(1938)
按摩と女(1938)
家庭日記(1938)
居候は高鼾(1939)
子供の四季(1939)
女の風俗 第一話 お蝶さんの日記(1939)
花ある雑草(1939)
桑の実は紅い(1939)
私には夫がある(1940)
信子(1940)
ともだち(1940)
女心転心(1940)
京城(1940)
みかへりの塔(1941)
歌女おぼえ書(1941)
団栗と椎の実(1941)
暁の合唱(1941)
簪(1941)
女医の記録(1941)
兄妹会議(1942)
サヨンの鐘(1943)
必勝歌(1945)
蜂の巣の子供たち(1948)
明日は日本晴れ(1948)
娘十八嘘つき時代(1949)
小原庄助さん(1949)
母情(1950)
その後の蜂の巣の子供たち(1951)
桃の花の咲く下で(1951)
大仏さまと子供たち(1952)
もぐら横丁(1953)
都会の横顔(1953)
奈良には古き仏たち(1953)
唐招提寺にて お婆さんと子供たち(1954)
第二の接吻(1954)
しいのみ学園(1955)
次郎物語(1955)
何故彼女等はそうなったか(1956)
人情馬鹿(1956)
母を求める子ら(1956)
霧の音(1956)
踊子(1957)
母の旅路(1958)
母のおもかげ(1959)
『田中眞澄・木全公彦・佐藤武・佐藤千広著『映畫読本 清水宏』(2000/改訂版2009・フィルムアート社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水宏の関連キーワード苔清水真清水山清水福島県郡山市城清水清水〈町〉清水〈市〉清水台清水博(1)清水博(2)

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水宏の関連情報