コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭秀雄 おおば ひでお

2件 の用語解説(大庭秀雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭秀雄 おおば-ひでお

1910-1997 昭和時代の映画監督。
明治43年2月28日生まれ。昭和9年松竹蒲田撮影所にはいり,14年「良人の価値」で監督デビュー。25年「長崎の鐘」「帰郷」などで注目され,28年「君の名は」3部作が大ヒットとなった。その後「女舞」「雪国」などの作品がある。平成9年3月10日死去。87歳。東京出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大庭秀雄
おおばひでお
(1910―1997)

映画監督。明治43年2月28日、東京市赤坂区青山(現、東京都港区)に生まれる。1934年(昭和9)に慶応義塾大学国文科を卒業、同年松竹蒲田(かまた)撮影所に助監督として入社。1939年に監督になり、「大船調」とよばれる女性映画やホームドラマをおもにつくる。とくに1953年(昭和28)から1954年の『君の名は』は、NHK連続ラジオドラマの人気作品の映画化で、空前の大ヒットになる。そのためもっぱら通俗メロドラマの名監督として語られるが、地味なホームドラマにむしろ佳作が多い。1950年の『帰郷』が芸術作品としての代表作であろう。同年の『長崎の鐘』、1951年の『純白の夜』『命美(うる)わし』も大船調のよい面を示した佳作である。感傷的な作品が多くて評価は高くなかったが、しっとりとした情感をかもし出す演出には気品もあった。平成9年3月10日没。[佐藤忠男]

資料 監督作品一覧

良人の価値(1939)
姉の秘密(1939)
感激の頃(1939)
わが子の結婚(1939)
家庭の旗(1940)
美しき隣人(1940)
家庭教師(1940)
楽しき我が家(1940)
秘めたる心(1940)
冬木博士の家族(1940)
花は偽らず(1941)
心は偽らず(1941)
風薫る庭(1942)
誓ひの港(1942)
二人姿(1942)
むすめ(1943)
暖き風(1943)
勝鬨(かちどき)音頭(1945)
喜劇は終りぬ(1946)
ニコニコ大会 歌の花籠(1946)
人生画帖(1946)
最後の鉄腕(1947)
偉大なるX(1948)
颱風(たいふう)圏の女(1948)
社長と女店員(1948)
美しき罰(1949)
脱線情熱娘(1949)
乙女の性典(1950)
新妻の性典(1950)
長崎の鐘(1950)
帰郷(1950)
ザクザク娘(1951)
純白の夜(1951)
命美わし(1951)
二つの花(1952)
情火(1952)
愛慾の裁き(1953)
君の名は[全3部作](1953~1954)
真実の愛情を求めて 何処へ(1954)
あなたと共に(1955)
絵島生島(1955)
白い橋(1956)
晴れた日に(1956)
天使の時間(1957)
黒い花粉(1958)
花のうず潮(1958)
眼の壁(1958)
ある落日(1959)
若い素顔(1959)
朱の花粉(1960)
「青衣の人」より 離愁(1960)
女舞(1961)
京化粧(1961)
愛と悲しみと(1962)
あの人はいま(1963)
残菊物語(1963)
雪国(1965)
横堀川(1966)
春日和(1967)
稲妻(1967)
永訣(わかれ)(1969)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大庭秀雄の関連キーワード増村保造中島貞夫東陽一藤田敏八黒澤明岸松雄坂根田鶴子関川秀雄千葉泰樹山本晋也

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大庭秀雄の関連情報