発案(読み)はつあん

精選版 日本国語大辞典「発案」の解説

はつ‐あん【発案】

〘名〙
① 新しい案を出すこと。また、その案。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「友定親子の発案(ハツアン)にて」
議案提出すること。発議
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉一「三派合同の問題を発按する者あるや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発案」の解説

はつ‐あん【発案】

[名](スル)
案を考え出すこと。ある案を最初に言い出すこと。「旅行しようと発案する」
議案を提出すること。
[類語](1案出考案創案工夫発明一工夫一捻り創意創見編み出す捻り出す/(2提案動議提言提起発議提議提出

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android