コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロロ語 ロロご Lolo language

1件 の用語解説(ロロ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロロ語
ロロご
Lolo language

中国,雲南省や四川省で用いられている言語。中国ではイ (彝) 語と呼ばれており,サニ語,アヒ語などもこれに含まれる。ロロ語は,モソ語 (ナシ語) ,リス語,ハニ語,ラフ語,アチャン語などと近い関係にあり,これらとともにロロ諸語を形成し,これがさらにいわゆるチベット=ビルマ語族に属するとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロロ語の言及

【イ語(彝語)】より

…雲南,四川,貴州の3省と広西チワン(壮)族自治区の一部に分布し,約550万人の話し手がいる。従来は,ロロ語Loloと呼ばれた。語彙と音韻の特徴から,北部,東部,南部,西部,南東部,中部の6方言に大別されるが,ノス(納蘇)語とかサニ(散尼)語のように,部族の自称が方言名になっている場合がある。…

※「ロロ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロロ語の関連キーワード自然言語金沙江四川省四川料理ベルベル語蒙古語現代語用語川劇リス族(傈僳族)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone