コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロロ語 ロロごLolo language

1件 の用語解説(ロロ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロロ語
ロロご
Lolo language

中国,雲南省や四川省で用いられている言語。中国ではイ (彝) 語と呼ばれており,サニ語,アヒ語などもこれに含まれる。ロロ語は,モソ語 (ナシ語) ,リス語,ハニ語,ラフ語,アチャン語などと近い関係にあり,これらとともにロロ諸語を形成し,これがさらにいわゆるチベット=ビルマ語族に属するとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のロロ語の言及

【イ語(彝語)】より

…雲南,四川,貴州の3省と広西チワン(壮)族自治区の一部に分布し,約550万人の話し手がいる。従来は,ロロ語Loloと呼ばれた。語彙と音韻の特徴から,北部,東部,南部,西部,南東部,中部の6方言に大別されるが,ノス(納蘇)語とかサニ(散尼)語のように,部族の自称が方言名になっている場合がある。…

※「ロロ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone