コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローカルマニフェスト ろーかるまにふぇすと

1件 の用語解説(ローカルマニフェストの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ローカルマニフェスト

政治理念、具体的な数値目標、達成期限、財源などが書き込まれ、検証可能な公約「マニフェスト」の地方選挙版。北川正恭・元三重県知事らが2003年の統一地方選から提唱していた。同年秋の総選挙で政党マニフェストの配布が認められたのに続き、07年の統一地方選で初めて首長選でもビラとして配れるようになり、一気に全国に広がった。地方議会議員の選挙でも、掲げる会派や議員が現れ、いまや地方選の標準装備といわれている。 自治体財政の悪化が問題化するなか、税金の使途や事業の優先順などを示す効果が期待されるが、抽象的な内容を羅列しただけの粗悪品も多い。

(坪井ゆづる 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローカルマニフェストの関連キーワード目標管理具体性覇道定量目標/定性目標金額具現数値数値目標ミレニアム開発目標集中改革プラン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローカルマニフェストの関連情報