コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローカルマニフェスト ろーかるまにふぇすと

1件 の用語解説(ローカルマニフェストの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ローカルマニフェスト

政治理念、具体的な数値目標、達成期限、財源などが書き込まれ、検証可能な公約「マニフェスト」の地方選挙版。北川正恭・元三重県知事らが2003年の統一地方選から提唱していた。同年秋の総選挙で政党マニフェストの配布が認められたのに続き、07年の統一地方選で初めて首長選でもビラとして配れるようになり、一気に全国に広がった。地方議会議員の選挙でも、掲げる会派や議員が現れ、いまや地方選の標準装備といわれている。 自治体財政の悪化が問題化するなか、税金の使途や事業の優先順などを示す効果が期待されるが、抽象的な内容を羅列しただけの粗悪品も多い。

(坪井ゆづる 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローカルマニフェストの関連情報